ホーム > 施術メニューページ > 酸素カプセル

酸素カプセル

酸素カプセル 酸素カプセル 酸素カプセル

[施術料金]
・60分 :2000円
・90分 :4000円(←オススメ!)
・120分:6000円

[酸素カプセル]
高気圧酸素カプセルは、医療機関に導入されたのが始まりで、酸素カプセルには100年以上の歴史があります。最近ではデビット・ベッカム選手が日韓ワールドカップ時に利用したことで、ベッカムカプセルとして注目されるようになりました。このことが世界のマスメディアに取り上げられ、通称「ベッカムカプセル」として一躍脚光を浴びました。現在は世界中の医療機関で1万台以上、日本に於いても1000台以上の酸素カプセルが導入されております。また医療機関のみに限らず、酸素カプセルは世界の様々なシーンで幅広く導入され活躍しています。

 ・高気圧、高濃度酸素がもたらす酸素カプセルの実力

高気圧、高濃度酸素がもたらす酸素カプセルの。体内には2種類の酸素があります。
それは「結合型酸素」と「溶解型酸素」です。結合型酸素はその名の通り、血液中のヘモグロビンと結びつく酸素です。
そして体内酸素の99%が結合型酸素なのですが、ヘモグロビンと結合している為にヘモグロビンの量を超えて運ばれることはありません。

また全身の血管の90%が毛細血管なのですが、結合型酸素は分子量が大きく毛細血管を通りにくいのです。
一方、溶解型酸素はヘモグロビンの量には依存しません。また分子が小さいので血液、体液に直接溶け込み毛細血管を通りやすいのです。

つまり溶解型酸素を体内に多く取り入れることが大切なのですが、溶解型酸素通常の呼吸だけでは非常に少なく、酸素吸入だけでは増えません。
そのような悩みを高気圧環境、高濃度酸素を搭載した酸素カプセルが解消します。

酸素カプセルはヘンリーの法則に基づき、極めて理論的な形で体内に溶解型酸素を増やします。ヘンリーの法則とは、『期待が液体に溶解する量は、その気体の分圧に比例する』という理論です。
酸素カプセルは最大1,3気圧の高気圧環境を生み出し、MAX50%の高濃度酸素を吸入することができます。
(※参照:株式会社タイムワールドより)

[特徴]
 ・出入り口が大きく、出入りが簡単。
 ・出入り口の部分は透明なので、中に入っても開放感がある。
 ・50%の濃縮酸素を吸えるので、酸素吸入率がさらにアップ!
 ・エアコンがついているので、暑さ寒さ対策もばっちり。
 ・カプセル内にコンセントもあるので、パソコンや携帯電話も使える。
 ・酸素カプセル内にスイッチがあるので、自分で操作可能。
 ・インターフォンで酸素カプセルの内外で会話も可能。

▲ページトップに戻る